バミューダ島の古都セントジョージと関連要塞群

バミューダ島の古都セントジョージと関連要塞群

 「バミューダ島の古都セントジョージと関連要塞群」は、2000年に登録されたイギリスの世界遺産です。
この「バミューダ島の古都セントジョージと関連要塞群」は、一つひとつの建物が認定されるという訳ではなく、地域一帯すべてが世界遺産となる「歴史地区」と呼ばれるものの一つでセントジョージの街全体が対象になっています。

 大小150の島々からなるバミューダ島はイギリスから遠く離れた北大西洋にありますが、イギリスの海外領土の一つです。
セントジョージは、バミューダ諸島の中でもっとも古い街で、イギリスの軍事拠点として、アメリカとの貿易の中継地として栄えた街です。

 バミューダ島は、もともとはスペインのジョン・バミューダが1503年に発見し、発見者の名前にちなんで命名されましたが、新大陸アメリカを目指していたイギリスの移民船が1609年にバミューダ沖で難破し、その時の移民者達が当時、無人島だったバミューダ島に上陸し、暮らすことになったことがきっかけとなり、バミューダ諸島はイギリスの植民地となった経緯があります。

 「バミューダ島の古都セントジョージと関連要塞群」が登録されたのは、セントジョージの美しい街並みとセントジョージがイギリスの軍事拠点として要塞群が作られ、それが歴史的に重要な時代を示す史跡として認められたからです。

 史跡としての価値は、関連要塞群の施設が、17世紀から20世紀にかけてのイギリスの軍事的技術の進歩として大砲の発達の変遷が良くわかることから非常に高い価値があるとされています。

 セントジョージの街は、17~18世紀につくられた石灰岩の真っ白な家が並び、その美しい光景は今もそのまま残っています。
バミューダ諸島は世界遺産に認定されるまでは、魔の三角領域「バミューダトライアングル」として有名な場所です。

 フロリダ半島の先端とプエルトリコ、バミューダ諸島を結んだ三角形の海域で、船や飛行機に異常が多く発生したり、または乗務員のみが船や飛行機から忽然と姿を消してしまうという伝説が語られ、事実を知らない人には恐れられてきました。

 現在は、「バミューダ島の古都セントジョージと関連要塞群」の街、海がきれいなエリアとして人気があります。

 「バミューダ島の古都セントジョージと関連要塞群」の世界遺産を巡りながら、イギリスの古い面影やマリンスポーツを楽しむことができる場所です。
イギリスからはもちろん、アメリカからも遠く離れているので、世界遺産だけを見るだけで訪問するには、もったいないので併せてマリンスポーツを楽しむと良い場所です。