コーンウォールと西デヴォンの鉱山景観

コーンウォールと西デヴォンの鉱山景観

 「コーンウォールと西デヴォンの鉱山景観」は、イギリスの南西部、ロンドンから約300キロ離れたコーンウォール州からデヴォン州西部にかけて存在する鉱山の景観が世界遺産に2006年に登録されています。

 世界遺産に指定された「コーンウォールと西デヴォンの鉱山景観」の一帯は、18世紀から19世紀のイギリスの産業革命の時代に、銅やスズの採掘で大いに栄えた地区です。

 今は長閑な牛や馬が放牧されている広い草原には、産業革命の時代に使われていた煙突や、レンガ造りの施設の廃墟が、無数に点在しています。
その景観が当時の歴史を物語るとして「コーンウォールと西デヴォンの鉱山景観」は世界遺産に認定されました。

 このエリアの鉱業は、まずスズの採掘のための鉱山開発として、1500年代の中頃から始まりました。
1800年代に後半になると砒素の産出が突出し、当時の世界における需要の約半分にあたる量をコーンウォール東部からデヴォン西部にかけての一帯で産出したと言われています。

 そして、産業革命の象徴でもある蒸気機関の開発で、堅い岩盤でも採鉱が容易になり、技師のリチャード・トレビシックによって発達した掘削用のドリルなどの機器や、高圧の揚水機関を使用することで、従来よりも遥かに深く、簡単に採掘することが可能になり産出量が飛躍的に伸びていきます。
最盛期には、これらの技術革新で世界の銅の3分の2を産出するまでになるほどです。

 この地区で生まれた採掘技術と機器・機械類は世界中に輸出され大きな影響を与えることとなりました。

 しかし、1860年に銅の暴落が起こったことを契機に世界遺産の「コーンウォールと西デヴォンの鉱山景観」に指定された地区の鉱業は衰退していきます。
そして、ヨーロッパで最後まで採掘していたスズ鉱山のサウス・クロフティ鉱山が1998年に閉山されたことで完全に幕を閉じました。

 しかし、この地区の鉱業が衰退をたどることになると、この地区で労働していた鉱山労働者たちがスコットランド、ウェールズ、アイルランドなどのイギリス国内にとどまらず、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ、メキシコ、スペインなどの世界中の鉱山に移動していき、この地区での伝統に根ざしたコミュニティを新たに形成し、世界各地の鉱業生産に、イギリスで開発された機械類とともに貢献しました。

 今の田園風景の中の「コーンウォールと西デヴォンの鉱山景観」を見る限りでは、当時の繁栄ぶりは想像が付きませんが、それだけに当時と今の落差が歴史を感じさせてくれます。