エディンバラの旧市街と新市街

エディンバラの旧市街と新市街

 1995年に世界遺産に登録された「エディンバラの旧市街と新市街」は、イギリス北東部のスコットランドにあります。
ロンドンからは600キロ以上離れていますが、イギリスの中でも訪れたい街の一つに挙げることができます。

 イギリスは正式国名を「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」と言い、スコットランドは4つある連合国の一つです。
イギリスは、かつてはスコットランドとイングランドが激しく争ってきた歴史があります。

 そのスコットランドの首都として15世紀以降エディンバラは繁栄します。
そのためエディンバラの旧市街は、中世ヨーロッパの要塞都市の景観を今もなお保っています。

 一方で、18世紀以降に発展した新古典主義の町並みもあって、その街並みはその他のヨーロッパの都市計画に影響を与えたという新市街です。
エディンバラはこの2つの顔をもっていて、2つの特徴ある景観が美しく、貴重であることが評価されて「エディンバラの旧市街と新市街」世界遺産に認定されました。

 主な歴史的な価値のある建造物には、エディンバラ城、聖マーガレット教会、セント・ジャイルズ大聖堂、ホーリールード修道院、ホーリールードハウス宮殿、スコットランド国立美術館、エディンバラ大学などが「エディンバラの旧市街と新市街」にあります。

 その中でも、エディンバラの代表的なランドマークであるエディンバラ城は、断崖絶壁の上に建つ男性的な魅力を持つ城です。というのは、エディンバラ城は、もともと要塞で、お城としては王族が住むには不自由なこともあって、15世紀末には、修道院を改築し、ホーリールードハウス宮殿としてそこに王族は住むようになりました。

 エディンバラ城からホーリールードハウス宮殿を結ぶ道は、このロイヤル・マイルと呼ばれ、旧市街にあり16世紀から17世紀の建築物が建ち並び、歴史の古さを感じさせる趣のある景観を醸し出しています。
一方、「新市街」は、旧市街の北側に位置し、1707年にイングランドとの統合でスコットランドにも平和が訪れ、エディンバラの人口も増加したことから新しい街造りの必要性が生じたことから、新市街が作られていきます。

 旧市街が、坂のある勾配の多い街なので、新市街地は湖の一部を埋めて新しい平らな土地を造成し、道路の幅を広くして、馬車が通行しやすいように考えられています。
旧市街との違いを感じながら新市街を歩くことで「エディンバラの旧市街と新市街」が世界遺産である意味とエディンバラの辿ってきた歴史を感じ取ることができます。

 尚、エディンバラでは、毎年8月に「エディンバラ国際フェスティバル」があります。オペラや演劇、クラシックコンサートなどの分野で世界一流の芸術家が公演を行います。この時期に訪れると世界遺産の「エディンバラの旧市街と新市街」と一流の芸術の両方を堪能できます。