ローマ帝国の国境線

ローマ帝国の国境線

 イギリスにある世界遺産の「ローマ帝国の国境線」は、1987年にまず、ハドリアヌスの長城が指定されました。
その後、2005年にドイツのリーメスにも残るローマ帝国の国境線、そして更に2008年には、イギリスのスコットランドにあるローマ帝国の国境線であるアントニヌスの長城も含まれて3か所の合計距離の全長約740キロがローマ帝国の国境線として世界遺産に認定されています。

 ローマ帝国の国境線は、5000キロにも及んでいたと言われますが、現在、はっきりと分かる形で残っているのは、この3か所です。
ローマ帝国の国境線はローマ帝国のもっとも領土の広かったときの繁栄と同時にローマ帝国が衰退への兆しを今に残している史跡です。

 最初に「ローマ帝国の国境線」として世界遺産に指定されたイギリスのハドリアヌスの長城は、イギリス北部スコットランドとの境界に近い位置にあります。

 壁の高さは、4~5メートル、幅は約3メートル、距離にして約120キロですから、中国の万里の長城に比較すると、その規模は遥かに小さいですが、中国の万里の長城も最初は、同じ程度かそれよりも小さい高さ約2メートル、幅3~5メートルだったと言います。

 中国歴代の王朝が必要に応じて拡大させていき現存する規模になっています。
ローマ帝国の国境線の城壁、長城も歴史的に中国と同じように異民族に対する備えが必要であったら、中国の万里の長城と同じような規模になった可能性があります。

 ハドリアヌスの長城は、1世紀後半にローマ帝国がイギリス南部を支配下においたものの、ローマに服従していないピクト人などのイギリスの北方部族の進入を防ぐために時のローマ帝国の皇帝ハドリアヌスが西暦122年に建設を命じ造らせたものです。

 完成当初は、土塁でしたが、その後、石垣で補強されたと考えられています。
約1.5キロ毎に監視所、約6キロ毎に砦が設置され、数百人から1000人程度のローマ兵が防護に当たっていたと考えられています。

 しかし、領地の拡大を続けたローマ帝国もさすがにこれ以上の拡大はできなかったことを示す象徴的な建造物の一つです。
その理由は、当時のローマ帝国の軍隊の規則は、独身者または単身者でなければなりませんでしたが、砦周辺からの出土品に子供や女性用の靴、履物がたくさん見つかったと言うことです。

 軍の規律が弱まっているということは、ローマ帝国のためより家族が大事ということで軍のモラルも下がっている、すなわちローマ帝国の軍隊が弱まっていることを示しています。

 領地が拡大すれば、それだけ国境線も広くなり、軍人も多く必要になります。
交代で故郷に帰すことができるほどの軍人の数が居なくなり、人数的な余裕がなくなったのでしょう。

 きっと遠く離れた故郷に帰るあてもなく異郷の地に留まらざるを得なくなっていったので家族を呼び寄せたのかもしれません。
「ローマ帝国の国境線」は、ローマ帝国の栄華とそれを支えた軍人のやるせない人間模様が浮かび上がってくる世界遺産です。