セントキルダ島

セントキルダ島

 イギリスのスコットランドのブリテン諸島の最北端に位置する「セントキルダ島」は、約6,000万年前に火山活動によって出来た群島で、世界で最も古い火山跡があると言われています。
セントキルダ島は、氷河期の氷河によって削られることで断崖絶壁が作られ、その後の海面上昇によって現在に至っているので、その島の姿は、まさに地球の果てのような景観を示している島です。

 セントキルダ島は、ブリテン諸島の中で、もっとも雄大でヨーロッパでもっとも高い断崖絶壁があることでも有名です。
最高点はコナシェアと呼ばれる場所でそこから海岸までの高さは目も眩む430メートルもあります。

 その厳しい自然環境のために人間が寄り付き難い地域になっており、ニシツノメドリ、フルマカモメ、コシジロウミツバメの海鳥の貴重な繁殖地となっています。
ニシツノメドリは、特にここに多く世界中の約20%にあたるニシツノメドリがこの島で繁殖していると言われているほどです。

 そのため、1986年に、セントギルダ島全域が世界遺産(自然遺産)に登録されました。
また、イギリスの歴史的建造物保全、自然保護団体であるナショナル・トラストにも指定されている島です。

 セントキルダ島は、一つの島ではなく、多くの島からなる群島全体を指しています。主な島には、「ダン島・ボーレー島・ソアイ島・ヒルタ島」の4島があります。全ての島が無人島で、現在は、わずかにナショナル・トラストから派遣された監視員が保護・管理のために駐留しているのみです。
現在は、無人島ですがわずかにヒルタ島だけが、その昔、2000年ほど前の青銅器時代にバイキングが住んでいた石造りの住居跡のほか学校や教会などがあり、今はその建物は、歴史を語り継ぐ資料館として残っています。

 住民は、自給自足の生活を1930年まで続けていましたが、貨幣経済の進展や病気の発生等により、生活が難しくなり1930年に政府の指導によって住民全てがスコットランド本土に移住したという経緯があります。
他の島は、上陸も困難な状態で最初から無人島のままです。

 尚、セントキルダ島全域が世界遺産に指定されているので、上陸が厳しく制限され、観光するにもその人数は制限されるので、気軽に現地に行って簡単に観光できる訳ではありません。
1年間にこの島に行くことができる観光客の数は1000人、または2000人以下に限定されており、かつ夜間の宿泊もできないので、観光する場合は、事前に調べて、スケジュールなどの余裕を持って行くことが必要となります。