ストーンヘンジ、エーヴベリーと関連する遺跡群

ストーンヘンジ、エーヴベリーと関連する遺跡群

 イギリスの巨石が使用された世界遺産「ストーンヘンジ、エーヴベリーと関連する遺跡群」は、単にストーンヘンジとして世界的に良く知られています。
しかし、世界遺産に指定されているのは良く知られているストーンヘンジのみではなく、ウッドヘンジ、コニーベリーヘンジなど8つの関連の遺跡群をまとめて「ストーンヘンジと関連する遺跡群」として、そしてさらに「エーヴベリーと関連する遺跡群」と併せてこの両方が、「ストーンヘンジ、エーヴベリーと関連する遺跡群」として世界遺産に1986年に登録されています。

 「エーヴベリーと関連する遺跡群」とは、ストーンヘンジから北へ約30キロ離れた場所にあってストーンヘンジと同じようなサークル状の巨石遺跡群です。

 ストーンヘンジは、イギリス南部のソールズベリーの南ウィルトシャーに広がる草原に唐突に姿を現しています。

 4000年以上前の先史時代に作られたと考えられている高さ6メートル以上の巨石が直径約100メートル程のサークルとして4つの同心円状に配列され、サークルの内側には祭壇らしきものがある巨石遺跡です。

 一方、「エーヴベリーと関連する遺跡群」は、ストーンヘンジより、1000年ほど新しい紀元前3000年後半に造られたものと推測されています。
こちらも、エーヴベリー、ケネット・アヴェニュー、シルバリー・ヒルなどの6つの関連した遺跡がまとまって世界遺産に認定されています。

 何れも建設の目的については、諸説があって、今なお、はっきりとはわかっていません。ストーンヘンジでは、夏至の日に、ヒール・ストーンといわれる高さ6メートルの玄武岩と中心にある祭壇石を結ぶ直線上に太陽が昇ることが分かっています。

 そのため、夏至の日には、この現象が起きる日の出を見ようと世界中から多くの観光客が集まります。
紀元前数千年前の時代に正確な天文学の知識があったことに驚かされます。

 また、「ストーンヘンジ、エーヴベリーと関連する遺跡群」が、強くに心に残るのは、岩を全く見ることができない草原の中に当然、巨石が規則正しく並んでいるという常識では考えられない非常識、非日常的な景観にあります。
数十トンもの巨石を石の種類によっては250キロも離れた場所から運んできたと考えられ、運搬方法とそれを制作するというモチベーションの高さがどこから来るのかが不思議です。

「ストーンヘンジ、エーヴベリーと関連する遺跡群」には、ストーンサークル以外に、カーサスと呼ばれるストーンヘンジの北側に位置する幅10メートル、長さ3キロの細長い巨大な溝や、ダーリントン・ウォールと呼ばれる巨大な円形状の土塁などがあります。このダーリントン・ウォールが、「ストーンヘンジ、エーヴベリーと関連する遺跡群」のなぞ解明に重要な鍵を握っているとして注目されています。
従って、ストーンヘンジを訪れたら、遺跡群の全てを併せてしっかり見ることが必要です。